美容室 さいたま市 増毛 西浦和 美容室ブルースター

トップ

カテゴリー

美容室 さいたま市 増毛 西浦和 美容室ブルースター
人工増毛とは?
施術の流れ
美容室 さいたま市 増毛 西浦和 美容室ブルースター
ヘアメニュー一覧
ヘアエステ・マッサージ
美容室 さいたま市 増毛 西浦和 美容室ブルースター
ヘアケア
スタイリング剤
その他のアイテム
美容室 さいたま市 増毛 西浦和 美容室ブルースター
スタッフ紹介
アクセスマップ
採用情報
美容室 さいたま市 増毛 西浦和 美容室ブルースター
今月のお得メニュー
よくある質問
お客様の声
お問い合わせフォーム
リンク集
美容室 さいたま市 増毛 西浦和 美容室ブルースター
2018年11月30日

逆にゴワゴワ髪に!? 美容師が教える「やってはいけないNGヘアケア」3つ

逆にゴワゴワ髪に!? 美容師が教える「やってはいけないNGヘアケア」3つ | TRILL【トリル】

髪の毛を触ったとき、“パサパサ&ゴワゴワ”していませんか? 冬に向かって肌が乾燥するように、髪の毛も乾燥しやすい時期です。

もう、髪の毛の乾燥が気になりヘアケアに重点を置いている方も多いのではないでしょうか? ヘアケアをすることはとても良いことなのですが、間違ったやり方をしていると逆効果になることも!

そこで今回は、美容師である筆者が、ヘアケアをはじめる前に知っておいて損はない“NGケア”をご紹介します。

NG1:自然乾燥

出典: Zynatis / shutterstock

ドライヤーで髪の毛を乾かすと熱でダメージを受けそうだと自然乾燥していませんか?

自然乾燥は髪の毛にとっても、頭皮にとっても、良いことはありません。髪の毛が濡れている状態はキューティクルが開きやすく、ダメージを受けやすくなっています。自然乾燥を繰り返していると、髪の毛がごわついてパサパサ乾燥する原因となってしまいますよ。

ドライヤーを使えばキューティクルをきれいに整えることができますし、キューティクルを整えるとツヤも出やすくなります。

ドライヤーをかけるときのポイントは髪の根元〜毛先に向かって乾かすこと! 毛先から乾かすと髪の毛全体が乾く頃には毛先にドライヤーの熱が当たり過ぎてパサパサになるので気をつけてください。

NG2:トリートメントの塗布量が多過ぎる

髪の乾燥やダメージを早く改善したいと思って、髪の毛に大量のトリートメントを塗布していませんか? トリートメントを適量以上に塗布すると、髪の毛が吸収できなかった分は頭皮などに付着してしまいます。

頭皮にトリートメントが付着すると毛穴に詰まるなど、頭皮トラブルの原因にもなりやすいのです。トリートメントは各製品に表示されている適量を守ってくださいね。

NG3:髪質に合ってないトリートメントを使っている

出典: Stockshakir / shutterstock

髪の毛が乾燥しているからと、なんでも良いからトリートメントを使えば良いというものではありません! 乾燥やダメージにもレベルがあるのです。

軽度のダメージ毛の方がハイダメージ用のトリートメントを使うと栄養を吸収しきれず、逆にパサパサになることや髪の毛が乾きにくくなることも……。髪の乾燥やダメージは自分に合ったレベルのトリートメントを使うのがポイントなのです。

“なんとなく、一番保湿してくれそう”という考えで選ぶと失敗しやすいので注意しましょう。自分の髪の状態を自分で判断するのは難しいので、担当してくれている美容師さんに相談するのがおすすめです。

自分の髪の毛について把握して、冬の乾燥を乗り越えていきましょう!

【画像】

※ Nevada31、Zynatis、Stockshakir / shutterstock

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
美容室ブルースター
埼玉県さいたま市桜区田島5-22-11
048-838-7835
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年11月29日

パサパサ髪とは決別!人気美容師に教わる「正しいドライヤーの使い方」

パサパサ髪とは決別!人気美容師に教わる「正しいドライヤーの使い方」 | TRILL【トリル】

 

 

 

定期的にトリートメントをしたり、オイル系のスタイリング剤をなじませても、抑えきれないのがパサつきと広がり。そんな悩める大人たちに、XELHA店長・西本 悠さんは、「ブローの方法を見直すといいかもしれません」とアドバイス。

西本さんによれば、意外と誤ったブローをしている女性が多いのだそうです。「ドライヤーが重いせいかもしれませんが、下から上方向に風を当てている方が多いですね。キューティクルの向きとは真逆なので髪が傷みやすく、余計に乾燥が進んでしまいます」(西本さん)

基本に立ち返って、正しいブローテクを教えていただきましょう!

【お悩み】髪が広がってまとまりにくい!

ミディアム代表:藤井奈々さん(45歳/会社員)のお悩みを解消するには…

■髪型:全体的に重さを残し、顔周りにだけレイヤーを入れて華やかさを演出

完成
サイド
バック

藤井さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★
  2. ボリューム(少→多)★
  3. 髪の太さ (細→太)★
  4. うるおい (乾→潤)★
  5. 白髪の量 (多→少)★

髪が細く、うるおいが足りない藤井さんの髪。

「レイヤーを入れすぎるとボリュームが出にくくなるので、全体的に重めに仕上げています。菱形のシルエットをしっかり出すことで、軽さと華やかさが出るようにしています。このスタイルは生え際が見えないので、白髪が気になる方にもおすすめです」(西本さん)

■スタイリング:ドライヤーを上から下にあててツヤ髪に仕上げる!

ドライヤーを上から当てるメリットは、髪にツヤを出すだけではありません。

「どなたにも生えグセがあり、せっかくスタイリングしても、クセのある部分だけ不自然な分け目ができてしまうことがあります。そんなケースでもドライヤーを真上からきちんとあてるだけで、そんな生えグセも抑え込めるんですよ」(西本さん)

スタイリング前

■1:ドライヤーを真上からあてながらキューティクルの方向を整える

ドライヤーの送風口を持ってブローすると、重たいドライヤーも扱いやすくなるそう。

■2:生えグセのある部分は、ドライヤーを当てながらクシでとかしつける

このときもドライヤーは真上から。なで付けたい方向にクシでとかすこと。

■3:ブラシで生え際から立ち上げるようにブロー

生えグセを整えてから、前髪の立ち上がりをつくる。このときもドライヤーは真上からあてること。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
美容室ブルースター
埼玉県さいたま市桜区田島5-22-11
048-838-7835
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年11月28日

髪のトリートメント、適量はどれぐらいなの?ダメージヘアの回復方法

髪のトリートメント、適量はどれぐらいなの?ダメージヘアの回復方法(女子SPA!) – Yahoo!ニュース

女子SPA!

 今年の夏は暑かったですよね。9月になってからも日差しが強い日が続いたせいなのか、数年ぶりに日焼けして、髪もボサボサになってしまいました…。

⇒【写真】トリートメントの適量

そこで同じように悩んでいる方のために、ダメージヘアの回復方法を人気スタイリストさんにお伺いしました。

炭酸水で洗うのもオススメ

教えてくれたのは、トリートメントに定評のある美容室「恵比寿salon Rr(サロン アール)」の加藤オーナー。「salon Rr」は、モデルやタレント、女子アナなどがヘアケアに定期的に利用するお洒落女子御用達のサロンです。以前もパサパサ髪の回復法をお伺いしました。

「夏の髪は紫外線でダメージを受けるだけでなく、エアコンによる乾燥もあるので、普段以上にケアが必要です。ダメージをそのままにしておくと、傷みが定着してしまうので、毛先をカットするとかトリートメントをするなどのケアを早めに行うのが大事です。

なかでもトリートメントは毎日のことなので、気を付けてほしいですね。自分に合ったトリートメント剤を選んで、丁寧にケアをしましょう」(加藤さん、以下同)

加藤さんのサロンでは『ミネコラ』というトリートメント剤を使っていて、私も利用しているのですが、かなり髪質は蘇りました。また、シャンプーの時に炭酸水を使うのもオススメとか。

「ヘアケアの基本は、しっかり洗うことですが、炭酸水だと頭皮の奥の汚れが取れやすくなるんです」

サロンでは、業務用の炭酸を使っているとのことですが、普段使いには手に入るレベルの炭酸水を使ったり、炭酸のでるシャワーヘッドを購入するとよいそうです。

◆トリートメントはつけすぎない!

さて、続いてはドライです。ここで、最大の注意ポイントがありました。

「ドライヤーをする前に、洗い流さないトリートメント剤を利用する方は多いですが、たいていつけすぎなんですね。実は、つけすぎると、髪がべた付いて、セットしづらくなるだけでなく、シャンプーも多く使うことになって、髪が痛む原因になるんです。

そもそも、シャンプーの後に、リンスやコンディショナー、トリートメントをつけているのなら、タオルドライ後のトリートメントは気持ち程度の量で十分。つけすぎると、結局は髪を傷めてしまうので、ここは注意が必要です」

なるほど、多くつけたほうがいいというのは間違いだったのですね。これは目から鱗でした。では、どうすればつけすぎなくて済むのか。一つめのコツは、素材を選ぶこと。

「オイルだと流れてしまって、思う場所に思う量が付けづらいので、クリーム状のものがオススメです。僕は自分でサロン用に開発したものを使っています」

そういえば、私がカットをお願いしているスタイリストさんも、ヘアクリームを勧めていました。クリームタイプは固くて伸ばしづらいので敬遠しがちだったのですが「伸ばしづらかったら水で伸ばしてから使うといい」とアドバイスされたのだった…ということを思い出しました。

いずれにしても、使い勝手がよい固形タイプのトリートメントを選ぶのが大事なのでしょう。

◆つける量は少しでOK

続いてのコツは、目安量を知ること。

「髪の長さにもよりますが、一回につける量は真珠大で十分です。ロングヘアの方でも、真珠大に気持ち足す…くらいでいいんです。これをしっかりと両手のひらになじませて、髪に少しずつつけていきます。つける場所は、髪の中間から毛先だけにしましょう。生え際からつけると、べたつく要因になります」

見たら、なるほど、本当に「これでいいの?」という量でした。ですが、少量のおかげで、ドライヤー後は髪がさらっとして、一本一本が立っている感じになりました。コーティングされたのにべた付かないという感じでしょうか。

しかしそれを叶えているのも、トリートメントをしっかり伸ばして、髪にまんべんなくつけているから。クリーム状で使いやすいのがここで効果を出しました。

…以上のコツは、私でもすぐに始められそうなものだったので、試し始めているのですが、1週間でかなり髪が蘇ったし、トリートメントは少量のほうがさらっと仕上がってよいと実感しています。気になった方は、ぜひ試してみてください。

<文・写真/にらさわあきこ>

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
美容室ブルースター
埼玉県さいたま市桜区田島5-22-11
048-838-7835
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年11月27日

カギは乾かし方!「美容室帰りのさらさら髪」をキープする裏ワザ4つ

カギは乾かし方!「美容室帰りのさらさら髪」をキープする裏ワザ4つ | TRILL【トリル】

美容室に行くと、そのときはさらさら指通りも良い美髪なのに、数日経つと傷んだ髪に戻ってしまう……という方も多いでしょう。

できれば、美容室帰りの美髪をずっとキープしておきたいもの。

そこで今回は、美容師のTAKEさんに美容室帰りのさらさら髪をキープする裏技4つを取材しました!

1:乾かす前に「洗い流さないヘアトリートメント」をつける

出典: Mr.Cheangchai Noojuntuk/Shutterstock

セルフケアであっても、美容室帰りのようなさらさら髪をキープするには、濡れた髪を乾かす前に、まず“洗い流さないヘアトリートメント”をつけることを忘れないようにしましょう!

ヘアトリートメントの質感は、オイル系やミルク系などお好みでOK。悩みや髪質に合わせてチョイスしましょうね。

それを、髪の中間〜毛先につけていきます。もし一手間加えるなら、つけてから目の細かいコームでコーミングするとより、仕上がりがさらさらになるのでお試しあれ。

2:髪を乾かすときは根元から始めよう

次いでドライヤーで乾かすとき、毛先ではなく、まず根元を乾かすようドライヤーをしていきます。毛先から乾かすと、痛みの原因にもつながる“オーバードライ”を引き起こし、髪の毛の水分が飛びすぎてしまい、パサパサに……。

髪の根元から乾かすようにドライヤーをすることで、オーバードライの対策にもなりますね。

せっかくヘアトリートメント剤で髪を熱から保護しても、ドライヤーの使い方が間違っていては損ですよ! 気をつけてみてくださいね。

3:乾かした後にも「洗い流さないヘアトリートメント」をつける

ここで肝心なのが、髪をドライヤーで乾かした後にも、“洗い流さないヘアトリートメント”をつけることです。

ドライヤーで乾かす前には、熱から髪を守るイメージ。そして乾いた後には、髪の毛をしっとり潤わせるようなイメージで使うと良いでしょう。

軟毛の方は、ミルク系かバター系が相性が良く、硬毛の方は、オイル系のヘアトリートメント剤がおすすめです! ショップなどにたくさん種類があるので、よく選んでみてくださいね。

4:シャンプーにもこだわって日々のケアをしよう

美容室帰りを彷彿とさせるような、さらさらな髪を目指すのであれば、上記で紹介したこと以外にも、日常的に使うシャンプーもこだわりたいところ。

シャンプーは毎日使うものですから、髪へ影響を与える可能性の高いものです。

特に、傷みがちな髪の方は、刺激の強い“ラウリル硫酸ナトリウム系”のシャンプーは使わないように成分にも注目してみてくださいね。

今トレンドのノンシリコンシャンプーやオーガニックシャンプーなどが人気ですが、傷みがちな髪の方にはベタイン系のシャンプーもおすすめですよ。このように、シャンプーの成分によって、髪への影響も変化してきます。

専門家や美容師へよく質問して、自分の髪質にぴったりなシャンプーを見つけてくださいね。

美容室帰りのようなさらさらな髪を目指すのであれば、日々のヘアケアがとても大事でしょう。今まで何もしていなかった!という方は、ぜひ試してみてくださいね。

【取材協力】

TAKE・・・美容師。

【画像】

※ Parilov、Mr.Cheangchai Noojuntuk/Shutterstock

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
美容室ブルースター
埼玉県さいたま市桜区田島5-22-11
048-838-7835
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年11月26日

ドライヤーが重要!? 美容師が教える「秋のパサつく乾燥髪」のケア方法

ドライヤーが重要!? 美容師が教える「秋のパサつく乾燥髪」のケア方法 | TRILL【トリル】

季節がガラッと変わり秋がやって参りました。季節に合わせてヘアスタイルを考えるように、ヘアケアも季節に合わせたものが必要です。春夏に髪が受けるダメージと秋冬のダメージは異なります。今回はこの季節に必要な髪のスペシャルケアをご紹介します。

秋冬は乾燥対策が重要

髪には水分を蓄える保湿効果がありますが、カラーやパーマをした髪はこの能力が著しく低下しているといわれています。秋冬には空気が乾燥するので、さらに髪のうるおいを奪う可能性があるのです。

日々のトリートメントやアウトバストリートメントで、毎日髪の内部に栄養を運びうるおいを保つことが大切になります。

ドライヤーが一番の乾燥対策

髪にうるおいを保つために一番重要なのが、毎日のドライヤーです。髪に熱を当てると乾燥してしまうのではないかと心配する方が多いですが、それは間違い。

髪にドライヤーの熱を当てることで、髪の表面にあるキューティクルをしっかりと閉じさせることができます。そして、キューティクルが閉じた髪は、栄養やうるおいを髪の内部に閉じ込めることができるんです。

濡れた髪は必ずしっかりとドライヤーで乾かすようにしましょう。

乾燥にはオイル系のトリートメント。しかし気をつけないと…

スペシャルケア
出典: GATTA(ガッタ)

髪にうるおいを保つために必要なのは水分と油分です。一般的に油分の少ない髪のことを“乾燥毛”と呼びます。この乾燥毛には、オイル系のトリートメントを付けるのがおすすめですが、気をつけるポイントがあります。

それは“浸透率の良いオイル”を選ぶことです。オイル系のトリートメントの成分に使われる油は様々で、種類によって仕上がりが全く変わってしまいます。

浸透率の悪いオイルはうるおいを与えることはできますが、髪をベタッとした重たい質感にしてしまいます。浸透率の良いオイルなら、艶は出しつつも軽やかな質感を保つことができるので、今トレンドの立体感のある柔らかいスタイルをつくることができますよ。

オイルトリートメントの浸透率を高めるミストって?

実は、髪にうるおいを保つために使うオイルトリートメントは、ただ付けるだけではその性質上、髪の内部に浸透しにくいものが多いです。浸透率を高めるためには、オイルトリートメントが髪の内部に入るための道をつくってあげることが大切。

その道筋になるのがミストタイプのトリートメントです。先に粒子の細かいミストタイプのトリートメントを髪の内部に入れることで、その後に使うオイルがとても浸透しやすくなります。

お肌でいう化粧水の働きをしてくれるので、乾燥で特にお悩みの方はぜひ試してみてください。

この季節に必要な乾燥対策をご紹介しました。髪の状態を良い状態にキープすれば、自分のなりたいスタイルに近づくことができます。

しっかりとヘアケアをして素敵な状態をキープし続けてください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
美容室ブルースター
埼玉県さいたま市桜区田島5-22-11
048-838-7835
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ページの先頭に戻る▲
お問い合わせはコチラ>>
COPYRIGHT(C) 美容室ブルースター ALL RIGHTS RESERVED.