美容室 さいたま市 増毛 西浦和 美容室ブルースター

トップ

カテゴリー

美容室 さいたま市 増毛 西浦和 美容室ブルースター
人工増毛とは?
施術の流れ
美容室 さいたま市 増毛 西浦和 美容室ブルースター
ヘアメニュー一覧
ヘアエステ・マッサージ
美容室 さいたま市 増毛 西浦和 美容室ブルースター
ヘアケア
スタイリング剤
その他のアイテム
美容室 さいたま市 増毛 西浦和 美容室ブルースター
スタッフ紹介
アクセスマップ
採用情報
美容室 さいたま市 増毛 西浦和 美容室ブルースター
今月のお得メニュー
よくある質問
お客様の声
お問い合わせフォーム
リンク集
美容室 さいたま市 増毛 西浦和 美容室ブルースター
2020年10月31日

ふんわり香るのがベスト!美容師直伝「髪にさりげなく香りをまとう」テク3つ

ふんわり香るのがベスト!美容師直伝「髪にさりげなく香りをまとう」テク3つ | TRILL【トリル】

印象をも左右する“香り”。人を惹きつけることもできれば、逆に香りが濃すぎると不快にさせてしまうことも……。

そこで今回は美容師の野澤琢眞さんに、髪にふんわりといい香りをまとうテクニックを教えてもらいました。

1:髪&頭皮のにおいを取り除く

出典: マハロ / PIXTA(ピクスタ)

まずは、髪や頭皮のイヤなにおいを取り除く必要があります。

髪や頭皮のにおいを取り除くには、スカルプシャンプーを使い、乾かす前には頭皮用のトニックをつけることをおすすめします。シャンプーや頭皮用のトニックには、洗浄や育毛の効果のほかに、髪や頭皮のイヤなにおいのもとを取りのぞいてくれる効果が期待できます。

これからの暖かくなる季節は、においが強くなる可能性も。しっかり毎日ケアしたいですね。

2:「天然の香料」が含まれているかをチェックする

シャンプーやトリートメントには、さまざまな香料が配合されています。メーカーには、香りのプロが在籍している場合も! 人によっては香りを重視してシャンプー、トリートメントを選んでいる方も多いのではないでしょうか。

しかし香料が強すぎると、人に不快な思いをさせてしまう場合があります。

そのため、香料はなるべく“天然の香料”が多く含まれているタイプを選ぶようにしましょう。さりげない香りを演出できますよ。

3:「ヘアコロン」で簡単に香りを身にまとう

出典: buritora / PIXTA(ピクスタ)

ヘアスタイルの最後につけるスプレータイプの“ヘアコロン”も人気。

出かける前に、髪にひと振りすることで、ほどよい香りをまとえます。汗の匂いや皮脂の匂いを除去してくれる働きや、紫外線から髪を守ってくれる働きを兼ね備えたタイプもありますので、これからの時期にひとつ持っていると重宝しますよ。

日によって香りを変えられるので、気分にあわせて自分の香りを演出できるのがいいですよね。

少しの差で印象が変わる“香り”。この機会に好きな香りをふんわり、身につけてみてはいかがですか?

【画像】
※Ushico、マハロ、buritora / PIXTA(ピクスタ)

元記事で読む

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
美容室ブルースター
埼玉県さいたま市桜区田島5-22-11
048-838-7835
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2020年10月30日

シャンプーしながら髪質改善!? 気持ちよく美髪を目指す「頭皮マッサージ」

シャンプーしながら髪質改善!? 気持ちよく美髪を目指す「頭皮マッサージ」 | TRILL【トリル】

美容師の森下優也さんによると、実は、美髪を育むうえで1番大事なのはシャンプーなんだとか。そして毛髪の畑である地肌が健やかであることが健康な美髪を育むので、洗うだけでなく頭皮をほぐして地肌を柔らかくする必要があるそう。

そこで今回は、森下さんにおうちでシャンプーをしながらできる頭皮マッサージを教えていただきました。

スキンケアは洗顔から、美髪ケアシャンプーから

シャンプー
出典: BLACKDAY / shutterstock

お顔や髪の毛は毎日お手入れをするかと思いますが、その中でも”洗う”という工程が1番重要といわれています。

肌のコンディションを整えるときは化粧水や美容液よりも洗顔から見直す必要があります。髪の毛も同様でトリートメントやオイルなどのケアよりもシャンプーが重要なんです。

洗浄成分が強過ぎたり、髪に合っていない場合は、毛髪内部が日々損傷してしまったり、地肌の油分が失われ過ぎたりしてしまうので、できれば髪と地肌に優しいシャンプーを選びましょう。

頭皮の血流マッサージ

頭皮マッサージ
出典: マハロ / PIXTA(ピクスタ)

ここからはシャンプーの際にできるマッサージをご紹介します。まずは頭皮全体をほぐす血流マッサージです。

シャンプーが全体的に終わったら、指を使って地肌を上に引き上げるように滑らせてマッサージをしていきましょう。

(1)まず、フェイスラインに10本指を当てて、つむじまでぐーっと滑らせましょう。

(2)もみあげから耳周りを起点に指を当てて、下から真上に頭頂部で指がぶつかるまで滑らせます。

(3)後頭部の襟足付近からつむじまで真上に引き上げます。

2回ずつくらいやるといいと思います。30秒程でできるので時間がないときにもおすすめです。

耳周りの筋肉マッサージ

あ
出典: GATTA

頭皮の筋肉は腕や足のように自分の意思では動きにくいので、手でほぐしてあげる必要があります。おすすめはこめかみや耳周り。このエリアをほぐすと目の回りがスッキリとした感じがしますよ。

耳周りは貝殻の様に放射状に筋肉の筋がはしっているので筋に合わせてほぐしましょう。

(1)各3本指を耳上と耳後ろの髪の生え際に当てます。

(2)生え際から5cm程の高さまで円を描くように引き上げて大きく回すようにマッサージします。

(3)耳上と耳後ろを2回ずつ行います。

(4)図にある赤点を指で押したまま、各6回転ほど回していきます。痛気持ちいいくらいの力加減がちょうどよいですよ。

今回はシャンプーで汚れを浮かせた後、そのまま血流をよくするためのマッサージをご紹介しました。

これを毎日することで健やかできれいな髪を目指すことができます。ぜひ毎日実践してみてください。

【画像】
マハロ / PIXTA(ピクスタ)、BLACKDAY / shutterstock

元記事で読む

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
美容室ブルースター
埼玉県さいたま市桜区田島5-22-11
048-838-7835
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2020年10月29日

髪を8カ月洗わなかった女性に起きた、驚くべき髪質の変化

髪を8カ月洗わなかった女性に起きた、驚くべき髪質の変化(ELLE ONLINE) – Yahoo!ニュース

ELLE ONLINE

8カ月もの間、シャンプーによって髪を洗うことをやめたあるオーストラリア人女性。彼女の場合、髪質にこれまで見られなかったような変化が見られたのだとか。そこで仏版「エル」が、その驚くべき経過と結果をレポート。

環境への配慮がきっかけに

Photo: Getty Images

髪を洗うときにシャンプーではなく、クレンジングコンディショナーやトリートメントのみを使用する「ノープー」別名「コーウォッシュ」。洗浄料を使わないことで、ヘルシーな髪を育むとされているこのメソッドだけど、あるオーストラリア人女性はその先を行く「ノーウォッシュ」に挑戦した。 2児の母親であるブッシュ・バンビーノは長年、環境問題に対して信条ある行動を選択してきた。そこで新たに、廃棄物を少しでも減らすことを考慮してメイクアップやスキンケアとのつき合い方を見直すことにした。 さらに、彼女たちは都市部の電気供給やごみ収集のサービスから程遠く離れた農場に住んでいる。そういった背景もあり、頻繁に行うシャンプーとの付き合いを変えてみたのだ。

週1回はスペシャルマスクを

Photo: Getty Images

「ノープー」と聞くと、まったく髪をケアしないメソッドであると誤解されがちだ。実際はその真逆で、彼女は決して髪をおざなりにはしなかった。彼女は自分の髪をナチュラルな状態に純化すべく、オリジナルのケアをはじめた。 毎週のヘアマスクにはバナナと卵を混ぜ合わせたものを、そして頭皮の不必要な油分や皮脂については、ベーキングパウダーを使って吸着させた。

脱シャンプーでニュートラルな状態へ

courtesy of bush_bambinos via Instagram

「髪を洗うのをやめるといっても、そんな大ごとではないわよ。実際、シャンプーで洗うのをやめてから髪の絡まりが減ったわ。そして髪質も変わっていったの。ギトギトもしなければ、乾いてもいない。そして匂いについても、髪そのものの香りといった状態よ」 つまり彼女はいわゆる“髪本来の美しさ”を手に入れたということ。ブッシュのインスタグラムを見れば、ナチュラルな状態の髪質であることが分かる。

良質なシャンプーも頻度が重要に

Photo: Getty Images

1週間に1~2回程度髪を洗うことは一般的に、毛髪にとっても良いという研究結果が発表されており、多くの専門家たちが推奨しているメソッドである。 なぜなら頭皮のべたつきやフケ、炎症による赤みの要因のひとつとして過剰な頻度のシャンプーが挙げられるからだ。また、自身の頭皮環境に合わないシャンプーを使い続けることは、悪循環から抜け出せないどころか症状が悪化してしまう可能性も。 今一度、シャンプーの頻度が合っているか見直してみよう。そうすることでシャンプーだけの力に頼らない、健やかな髪質が手に入るはずだ。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
美容室ブルースター
埼玉県さいたま市桜区田島5-22-11
048-838-7835
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2020年10月28日

「毎日シャンプーしなければ、髪は不潔になる」はウソなのか?

「毎日シャンプーしなければ、髪は不潔になる」はウソなのか?(幻冬舎ゴールドオンライン) – Yahoo!ニュース

幻冬舎ゴールドオンライン

毛髪を健康に保つには、何をすればよいのでしょうか。男女ともに身近なヘアケアといえば、やはり「シャンプー」でしょう。「シャンプーは毎日すべき」「シリコン入りは髪に悪い」「ケラチン配合なら育毛効果がある」など、世間には多くの「薄毛対策の常識」が流布しています。しかし、そういった「常識」には事実に反するものも少なくありません。※本記事は、青山セレスクリニック(青山院・川口院)理事長の元神賢太氏の著書『専門医が徹底解説! 女性の薄毛解消読本』(2017年刊行)より一部を抜粋・編集したものです。

「シャンプーは毎日すべき」世間が信じるヘアケアの嘘

巷には「薄毛を解消する」ためによいこと・悪いことといった情報が数多く流布していますが、中には「常識のウソ」のような間違ったものも少なくありません。例えば「シャンプーは必ず毎日しなければならない」というような、薄毛を解消するどころか、むしろ促進してしまう恐れのある迷信的な情報すらありますから、注意することが必要です。 以前の記事 『「生えなかった…」被害女性続出、薄毛ビジネスのひどい実態』 で、育毛シャンプー、発毛シャンプーと呼ばれる類のものについて、お話ししました。ここでは日常で頭髪を洗浄するための一般的なシャンプーについて考えていくことにします。「一般的なシャンプー」といっても、じつにさまざまな商品がありますが、これもメーカーが売上を伸ばすための戦略。髪にいいかどうかは度外視…という実態があります。 そもそも髪を洗うという行為の歴史は古く、海外では紀元前に神へのみそぎの儀式として始まったといわれます。一方、日本では古代には髪を水で洗うという習慣はなく、稲や麦の茎を粉末にして髪にまぶしたうえで、丁寧にくしでとかして髪の手入れをしていたようです。日本人が髪を水で洗うようになったのははるかあとで、江戸時代末期のこと。ふのりやうどん粉、うぐいすや鳩のフン、粘土、卵の白身、椿油のしぼりかすなどがシャンプー代わりに使われていたそうですが、実際に髪を洗うのは上流階級でも1ヵ月に1度ほどの頻度だったといいます。 明治時代に入り、石鹸を使うことが一般的になると、体も髪も同じ石鹸で洗うようになりました。「シャンプー」という言葉は昭和6年、髪も体も洗うための洗い粉の販売とともに初めて登場します。その後、さまざまなメーカーから洗い粉のシャンプーが発売されるようになり、昭和30年頃から、使いやすい液体シャンプーがお目見えしました。 昭和60年頃からは、夜と朝に1日に2回シャンプーをする“朝シャンブーム”によって、シャンプーの需要が急増します。さらに香りのよいシャンプーや、「フケ・かゆみ用」「ダメージヘア用」「パーマ・カラーリングヘア用」のシャンプーなど、用途に合わせた製品が数多く出回るようになりました。

 

 

「髪にいい成分」に実質的な効果はない

「せっかくなら髪によいシャンプーを」と考えるが…(※写真はイメージです/PIXTA)

今では「髪によい」とされるさまざまな成分を含んだシャンプーやトリートメントも多く存在し、どれを選ぶべきか迷うほどです。 たとえば「ケラチン」。ケラチンは毛髪を構成する重要なタンパク質なので、実際にそれがシャンプー類に入っていれば髪によいと思われるでしょう。しかし、シャンプーをしている短い時間でケラチンが毛根に吸収されることはありませんから、実際には効果はありません。 一方、最近はノンシリコンシャンプーも支持されています。「ノンシリコン」という言葉から、なんとなく「シリコンはよくない」というイメージができ上がっていますが、じつは「シリコン」自体は悪い成分というわけではありません。シリコンには、髪を洗うときに、髪の摩擦を軽減してくれる効果があります。そのため髪が長い女性などはシリコン入りのシャンプーのほうが適している場合もあります。 いずれにしても、「シリコンシャンプーは髪に悪い」というのはウソです。シリコンかノンシリコンかは薄毛とは関係ないという医学論文も出ていますので、あまり気にする必要はないでしょう。

髪にいいシャンプーもあるが、何より「洗い方」が大切

ところで、「石鹸シャンプー」というものをご存知でしょうか。もしくは使ったことがありますか?実際使用している人は少ないようですが、じつは石鹸シャンプーはとてもおすすめです。 一般的なシャンプーには「髪によい」とされる成分のほかにも、防腐剤などの化学物質が多量に含まれています。シャンプーボトルの成分表示を見ると、その数たるや驚くほどです。一方、石鹸シャンプーの成分は基本的に水と石鹸のみ。つまり、髪に負担を与えないシャンプーだといえます。特に、純石鹸を使った自然なものがおすすめです。 じつは私の母は、私が子どもの頃から石鹸シャンプーを愛用していました。子どもだった私は当時、石鹸シャンプーなんて格好悪いと思っていましたが、今思えば母は時代を先取りしていたのかもしれません。石鹸シャンプーのほかにも無農薬の食品を選んでいました。その石鹸シャンプーのおかげか75歳になった今でも、母は髪が豊かにふさふさなままです。それを見ても石鹸シャンプーの効用を感じます。 ただし、シャンプーで一番大切なのはシャンプー選びではなく、シャンプーの方法です。つまり、シャンプーをするときに爪をたてないようにして、頭皮を傷つけないこと、また、しっかり洗い流すことです。

 

 

寧ろ薄毛の原因に…「毎日シャンプー」の危険性

現代ではシャンプーのしすぎが問題とも思えます。テレビでも街頭でも、いたるところでシャンプーの広告を目にすることで、現代の日本人は「シャンプーしなきゃ」と思い込んでいるのです。それが薄毛の原因になったり、薄毛を加速させたりすることがあるにもかかわらず、メーカーの戦略に乗せられてしまっているのです。 シャンプーのしすぎがよくない理由は、まず頭皮の皮脂を取りすぎてしまうことです。皮脂がたまりすぎるのは薄毛にもよくありませんが、皮脂を取り去りすぎると、よけいに皮脂が生産されてしまいます。あぶらとり紙などで顔の脂を取りすぎると、必要以上に脂が出てしまったり、ニキビで悩んでいる方が、ニキビ菌の繁殖を抑えようとして顔を洗いすぎることが、さらにニキビの悪化の原因になったりするのと同じく、よかれと思ってしていることがかえって悪循環を招いているのです。 そのように皮脂が次々と生まれ、皮脂腺の活動がさかんになると、毛髪をつくるために使われるべき栄養までが皮脂腺に奪われてしまいます。これが、シャンプーのしすぎが薄毛によくない理由です。さらに、シャンプー成分の防腐剤などによって頭皮の常在菌までが殺菌されすぎるのも、毛髪のためにはよいことではありません。常在菌は髪を弱酸性にして、カビや雑菌を防ぐ役割があります。その常在菌がなくなりすぎるとカビが繁殖し、脂漏性皮膚炎という頭皮の炎症が起きることもあります。それが薄毛の原因になることもあるのです。 それに加えて、シャンプーをしすぎると、頭皮の内部の水分が失われてしまう危険性があるのも問題です。頭の皮膚の一番表面にある表皮は、皮膚内部の水分を保持する機能を担っています。ところがシャンプーをしすぎると、シャンプー剤に含まれるさまざまな化学物質や、指による物理的な摩擦によって、表皮が破壊されてしまうことがあるのです。 そうなると皮膚内部の水分が失われ、乾燥してしまいます。そもそも細胞の成長や増殖には水分が絶対に必要。そのため、水分が失われた頭皮内部では毛根が成長できず、薄毛の原因となってしまうのです。 「毎日シャンプーしなければ、髪が不潔になり、ひいては薄毛につながる」というのが常識になっていますが、そもそもこれがウソなのです。 元神 賢太 青山セレスクリニック(青山院・川口院) 理事長 船橋中央クリニック 院長

元神 賢太

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
美容室ブルースター
埼玉県さいたま市桜区田島5-22-11
048-838-7835
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2020年10月27日

髪の毛は健康のバロメーター

髪の毛は健康のバロメーター – スポーツナビDo

 ストレスで心身が万全でないときも抜け毛が発症するなど髪はわかりやすく影響が現れます。

髪の毛は胃、腎臓、血管と人間の体全体を通して栄養素が行き渡るような仕組み。

髪の毛というのは、頭部だけで形成されるものではありません。

胃で消化され栄養素が血管を通じ、髪の毛を作る毛細血管へとつながってきます。

毛細血管が毛乳頭につながっていますので、ここまでの栄養素の流通経路がしっかりと確保されていないと元気な髪の毛を生成することができません。

 ストレスを抱えている状態や喫煙を常時行っている方は、血管を収縮させてしまいます。

そうなると栄養素の通り道が狭くなって、髪の毛に行き渡る必要な栄養素が減ってしまうため髪が痩せてしまうケースが出てきます。

しかも血管が細くなると髪の毛の影響だけでなく、動脈硬化や血栓を招いてしまう可能性があるため心筋梗塞や脳梗塞の恐れが出てきます。

抜け毛や髪の毛にコシがなくなった場合、このような危険性が高まったと捉えた方が良いでしょう。

年齢を重ねるにつれて、動脈の血管が硬くなり血管の内側が弾力を失い、不純物が固まったり脂分の影響で血流が悪くなるという可能性が徐々に高まっていきます。

環境を変えることは難しい事。

まずはできる事から…例えば食生活!!

血液をサラサラにする効果的な食品は、緑黄色野菜や海藻類、きのこ類、オクラや納豆、とろろなどのネバネバ系も血液をサラサラにするカルシウムやミネラルが多く含まれています。

そして特に効果があるのは大豆製品や乳製品。

大豆製品は血中コレステロール値を下げる働きがあって、植物性のタンパク質が血液に良い影響を与えてくれます。

また、乳製品も腸内の善玉菌を増やして消化を助け血液をサラサラにする効果があります。

意識的に、こういった食材を日々食べるようにすると良いでしょう。

[文:meilong スタッフ]

「東京・恵比寿で美容鍼灸,鍼灸治療をお探しならmeilongへ」

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
美容室ブルースター
埼玉県さいたま市桜区田島5-22-11
048-838-7835
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ページの先頭に戻る▲
お問い合わせはコチラ>>
COPYRIGHT(C) 美容室ブルースター ALL RIGHTS RESERVED.