美容室 さいたま市 増毛 西浦和 美容室ブルースター

トップ

カテゴリー

美容室 さいたま市 増毛 西浦和 美容室ブルースター
人工増毛とは?
施術の流れ
美容室 さいたま市 増毛 西浦和 美容室ブルースター
ヘアメニュー一覧
ヘアエステ・マッサージ
美容室 さいたま市 増毛 西浦和 美容室ブルースター
ヘアケア
スタイリング剤
その他のアイテム
美容室 さいたま市 増毛 西浦和 美容室ブルースター
スタッフ紹介
アクセスマップ
採用情報
美容室 さいたま市 増毛 西浦和 美容室ブルースター
今月のお得メニュー
よくある質問
お客様の声
お問い合わせフォーム
リンク集
美容室 さいたま市 増毛 西浦和 美容室ブルースター
2021年06月29日

今、40代が美人に見える髪型は!?

いつも通りの髪型なのに、マスクをつけた途端、何だか野暮ったくなってしまう……。

そんなお悩みを解決すべく、マスク着用時に“40代が美人に見える髪型”について、ヘアメイクアップアーティストの榊美奈子さんにお聞きしました。

【画像】今、40代が美人に見える髪型は!?

 

サンキュ!

「軽さ&ラフさ」を意識したスタイルに!

 

マスクで顔の下半分が隠れているのに、上半分まで髪で覆ってしまうと、表情もわかりにくいし、暗く重たい印象を与えてしまいます。

どんな髪型であれ、マスク着用時には「軽さ&ラフさを感じられるスタイル」を意識してみてね。

たとえば前髪がある方なら、少し隙間を作っておでこを見せてあげるだけでも、透け感&抜け感が出て、軽くラフな印象になりますよ。

 

ボブは「片耳がけ」に!

 

軽さ&ラフさを出すためには、耳まわりをスッキリさせることも大切!ボブなら髪の毛を片耳にだけかけてあげるのもよいですね。さらに、毛先を外ハネにするなど動きを出し、ひし形シルエットにしてあげるとイマドキ感が出ます。

また、耳の上部分はマスクのつけ外しでゴムが引っかかり、髪がバサバサになってしまいがち。あらかじめ耳上の髪の毛にはワックスやバームなどスタイリング剤を付けておくと、崩れた場合にも元に戻しやすいですよ。

 

ミディアムやロングヘアは「ひとつ結び&ハーフアップ」に!

 

ミディアムやロングヘアの方は、髪をおろしたまま耳にかけ、ひし形シルエットにするのも良いですし、あるいは結んでスッキリさせると大人の清潔感が出ますよ。

ひとつに結ぶときは、あまり低めの位置ではなく、耳の後ろ辺りの高さで結ぶ方が若々しくてスッキリします。ただし、ギュッとひとつにまとめてキッチリし過ぎてしまうとイマドキ感がなくなってしまうので注意!ところどころ崩してラフさを出してあげてね。

耳下の髪を少し垂らしてあげるだけでも雰囲気がつくれますよ。あるいは、くるりんぱにしたハーフアップもオススメ。こちらも耳の後ろの高さで結ぶと、横から見たときにシルエットがキレイです。

 

マスクで悩みは隠れるはず!

 

髪を耳にかけたり結んだりすると、フェイスラインが露わになって、あごのたるみやエラが目立ったり、顔が大きく見えてしまう……と、いままでそうした髪型を躊躇していた方も多いはず。

だけど、その悩みの種となっている部分はすべてマスクで隠れているわけです。マスク着用時だからこそ、スッキリさせてあげることを優先してみてね。
マスクをしているときだからこそ、耳にかけたりひとつに結んだり、いままで敬遠していた髪型にも臆せずチャレンジしてみたいですね。
教えてくれたのは…
榊美奈子さん
ヘアメイクアップアーティスト。1967年東京生まれ。4年半の美容室勤務の後、沢田哲哉氏に師事。30歳で独立し、現在に至る。スチールを中心に女性誌、広告で幅広く活躍。不定期でメイクレッスンも開催。

構成/サンキュ!編集部

 

サンキュ!編集部

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
美容室ブルースター
埼玉県さいたま市桜区田島5-22-11
048-838-7835
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2021年06月28日

髪の乾燥を防いでくれる!「グレープシードオイル」の使い方

パサついたりボリュームがなくなったりと、何かとケアが難しい髪の毛。そんな悩ましい髪の毛の救世主として知られている「グレープシードオイル」は、髪を強くしたり潤いを与えたりと、今注目のヘアケアアイテムなんだとか。

 

【写真】美容師が教える「髪が乾燥する」原因とその解決法

 

髪が乾燥する原因は…?
「髪にダメージを与える原因の一つが、過剰なシャンプーでの洗浄です」と石川さん。実は、頭皮や髪の汚れはお湯だけで7割落ちるのだそう!

「シャンプー前に、時間をかけてお湯で予洗いすることを心がけて。優しくもみ洗いすることを意識して洗い流しましょう」

 

ドライヤーの選び方にもポイントが!
ドライヤーにも髪質との相性があると石川さん。

「僕自身、乾燥毛の縮毛なので、熱量の高いドライヤーを使うと髪がパサパサに。ブローするときやスタイリングするときなど、シーンに合わせて温風温度の異なるドライヤーをいくつか揃えておくことも損ではないですよ! すぐに変えられない…という人は、ドライヤーと髪との距離をいつもより離してみるのも手」

 

髪を乾燥させない、ドライヤーの使い方とは?
「温風しか使わない、というのが実はダメージの原因。熱がこもりやすくなり、髪の水分量が損なわれてしまいます」

「例えば温風で半乾きさせたら、その後に少し長めに冷風を当ててみてください。温風と冷風で交互に髪を乾かすことで、いつもよりも断然仕上がりがキレイになりますよ。また、ダメージを防ぐために、ブロー前に少量のオイルをなじませるのもおすすめです」

毎日のシャンプーやブローにひと工夫加えるだけで、髪のダメージを最小限に抑えられるなんて、やらない手はない♡

 

Getty Images

 

 

そこで本記事では、「グレープシードオイル」の基礎知識をご紹介! 髪の乾燥が気になる人は試してみて下さいね。

 

グレープシードオイルとは?

「Eternal Dermatology + Aesthetics」の創設ディレクターで理事会認定の皮膚科医イフェ・ロドニー博士によると、グレープシードオイルはワインの醸造過程で発生した有機副産物から作られた、軽量で無香料の油なんだとか。

 

期待できる効果

栄養価の高い植物油であるグレープシードオイルは、肌を保湿するだけでなく髪にも素晴らしい効果をもたらすそう。

 

グレープシードオイルにはカロテノイド、抗酸化物質、オメガ3脂肪酸が含まれており、さらにビタミンE、リノレン酸、OPCポリフェノールの成分は、髪と頭皮の両方に良い効果を与えてくれるとのこと。

ロドニー博士によると、期待できる主な効果は以下の通り。

 

・ビタミンEと脂肪酸によって、髪と頭皮の保湿が可能。
・髪を重くせずに、ツヤを与えられる。
・縮れ毛の発生を軽減し、頭皮油分量の調整の助けることが可能。
・頭皮の乾燥やフケを抑え、頭皮全体の健康をサポートできる。
・活性酵素であるフリーラジカルを中和したり抗酸化物質が発生し、切れ毛を減らして抜け毛や白髪を防ぐ。

 

髪を早く伸ばすのにも適してる?

 

ロドニー博士曰く、グレープシードオイル中のポリフェノールやリノレン酸、そしてビタミンEの組み合わせは、頭皮上の酸化ストレスの軽減や油分量の調整、そして頭皮への血流を増加させるのに役立つんだとか。また、抜け毛を防ぐ効果が期待され、さらに髪の成長も促進するとのこと。

化粧品科学者で「KKK Consultants」の創設者クルーパ・コーストライン氏によると、上記の研究結果はグレープシードオイルが、毛周期の成長期どのように刺激するのか、そしてどのようにより早い発毛に繋がるのかも示されていると説明しています。

 

縮れ毛や乾燥しやすい髪にも効果的

 

「縮れていて乾燥した髪には、グレープシードオイルの効果が大きく発揮されるでしょう。また縮れ毛やドレッドヘアの方、そしてヘアカラーをしていても安心して使用できます」

乾燥しやすい髪でなくても、水分やツヤを維持するのに役立つため、グレープシードオイルはどんな髪質の人にもおすすめなんだとか!

 

グレープシードオイルの選び方

 

ロドニー博士とクルーパ氏曰く、最も栄養価が高い野菜から得られる栄養素が含まれた「コールドプレスグレープシードオイル」がベストとのこと。

そのままの成分として含まれているものや、髪のために特別に配合されたオイルブレンドのものもあるそう。

 

グレープシードオイルの使い方

場合にもよるけれど、洗い流さないトリートメントとして使用し、縮れや乾燥を減らす方法や、シャンプー前やトリートメント前に使ってもOK。

 

【シャンプー前に使う方法】
1.温かいグレープシードオイルを大さじ2、3杯とり、髪の根元に沿うように頭皮をマッサージをする。
2.約30分間そのままにしておく。このとき、1~2時間そのままにしても◎。
3.シャンプーで洗い流す。

 

ロドニー博士曰く、ブドウアレルギーを持っている人以外は、特に潜在的な副作用はないので、基本的に安全に使用できるとのこと。

 

※この翻訳は抄訳です。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
美容室ブルースター
埼玉県さいたま市桜区田島5-22-11
048-838-7835
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2021年06月27日

ドライヤーは上下どっちから当てる?意外と知らない「髪の正しい乾かし方」

ドライヤーは、風口を髪から20cmほど離して使う(温度調節ができないドライヤーの場合)

 

ドライヤーは、風口を髪から20cmほど離して使う(温度調節ができないドライヤーの場合)

 

こんにちは。毛髪診断士の元井里奈です。

 

汗をかきやすい季節になりました。シャンプーをしたはずの翌朝、頭皮を触って「あれ? なんだかニオイが……」なんていうことはありませんか?

 

【画像】タオルドライ時にはこすらないで!

 

じつは大人でも、正しいシャンプーの仕方を知らない方は意外と多いもの。そこで、全3回にわたりシャンプー講座をお届けしています。

前回の洗い方編では「シャンプーは、手の平で泡立ててから“頭皮に”つける」「桃をなでるように“頭皮を”洗う」などのコツをお伝えしました。今回は、すすぎ~トリートメント~ドライの方法をじっくり解説します!

 

理想的なシャンプーの手順

 

シャンプーは、以下の8プロセスで行うのが理想。これから(6)~(8)の説明をしていきますね。

 

(1)ブラッシング
(2)予洗い
(3)シャンプーを手の平で泡立ててから頭皮につける
(4)洗う
(5)マッサージ(入れても入れなくてもOK)
(6)すすぎ
(7)トリートメント(コンディショナー・リンス)&すすぎ
(8)ドライ

 

すすぎには、シャンプーの2倍時間をかけて

実は、「すすぎ残し」によるマイナートラブルは大変多く、頭皮の臭いや痒みが発生することもあります。
この連載で繰り返しお伝えしていますが、髪というものはかなりの高密度で生えています。なので、洗う時ももちろんですが、すすぐ際にも丁寧に流さなければ、シャンプー成分が毛穴周りに残ってしまうことがあるのです。

 

実は、この「すすぎ」時間の目安は、シャンプー時の2倍くらい。十分な時間をかける必要があります。シャンプーのヌルヌルが流れたな、と思ってからさらに1分です。
額側からなど、一方向だけからシャワーを流すのではなく、頭を回すようして360℃からシャワーをかけ、髪をかきわけながら、毛穴周りを全方位からしっかり洗い流すようにしましょう。
こうすることで、頭皮の臭いや痒みといったトラブルがなくなるケースは多いです。

 

トリートメントが頭皮につかないよう注意

 

すすいだ髪の水分を優しく絞り、次はトリートメントです。
トリートメントは髪を守るためのものなので、頭皮にはつけないようにしましょう。頭皮につけることは、毛穴に余計な蓋をしているようなものです。髪が長い方は、耳から下だけ。髪が短い場合は、完全に頭皮につかないようにするのは難しくもありますが、毛先だけにつけ、できるだけ頭皮に流れていかないようにすすぎます。

 

髪が長い方は、トリートメントが満遍(まんべん)なく行きわたるように、手でつけたあと、目の粗いコームを使ってとかすのがオススメです。髪を傷めないよう、ゆっくり動かします。
浸透させる時間は、各製品の使用方法に従いましょう。ただ、トリートメントをつけた長い髪をまとめて頭の上に置いておくのはオススメしません。どうしても頭皮についてしまうからです。

短髪の男性はトリートメントしない方がベター!

また、短髪の男性でもトリートメントを使用されているケースがありますが、不要ですよ! 髪が短いとどうしても頭皮にトリートメントがついてしまうので、頭皮環境のためには、逆に使わない方が良いと思います。
トリートメントを使うと髪がしんなりしますので、髪の立ち上がりなどを気にされている男性は、使わない方がスタイリングが決まりやすくなることも。女性の読者さんも思い当たる方がいたら、ぜひそっと耳打ちしてあげてください。

 

トリートメント後のすすぎも、しっかり行いましょう。よく、「ちょっと残した方が髪に良いと思って」と言う人がいますが、インバス・トリートメント(お風呂で使うトリートメント)は洗い流すように作られていますので、しっかりすすぎましょう。成分が残ったままだと、背中やお顔、頭皮に付着してちょっとしたトラブルになる可能性も否めません。
傷んだ髪を特別に補修したい人は、アウトバス・トリートメント(洗い流さないトリートメント)を使用しましょう。

 

タオルでバサバサこするのはやめて~!

さて、いよいよ最終段階のドライです。ドライは軽視されがちですが、毛髪の傷みを予防する意味では重要度の高いステップですので、髪が細くなってきた方や、美髪を目指す方は大事にしてください。
「自然」という言葉に良いイメージを持つがゆえに、自然乾燥させている、という方がよくいらっしゃいますが、頭皮の雑菌が繁殖しやすくなりますので、それは改めましょう。臭いや痒みなど、思わぬトラブルにつながることがあります。

まず、ドライヤーで乾かす前に、タオルでできるだけ水分を吸収します。髪は高熱でダメージを受けますが、濡れているときは尚更です。そのため、ドライヤーを使う時間を最短にした方がよいので、タオルドライはしっかり行いましょう。
また、このときタオルでバサバサバサ!!! とこすらないことも大事です。シャンプーをつける段階でもお伝えしましたが、濡れた髪への摩擦はダメージの原因です。髪を愛でるように、タオルでそっと包み込み、水分を吸収してあげてください。

 

ドライヤーの位置と向きにも美髪のコツが

タオルで水分をしっかり吸収したら、ドライヤーを使って乾かしていきます。
順番は、乾きにくい「根元から」乾かし始め、「毛先は後」にすると効率的です。
髪は高温になればなるほど傷んでしまいますので、ドライヤーの温度調整が可能であれば、80℃以下の温風を使いましょう。温度調節ができない場合は、ドライヤーの風口を髪から20cmほど離して使うと、温風が髪へ到達するまでに冷え、ダメージを予防できます。

髪表面にあるキューティクルは、魚のウロコのような形状に重なり合っていますが、濡れた状態で開き、乾くと閉じます。美髪のためにはキューティクルをしっかりと閉じてあげることが大事なので、完全に乾かしましょう。
実は、乾いたと思ってもまだ乾ききっていないことが多く、後頭部に手をさしいれ、ヒンヤリとする感触があれば、まだ水分が残っているということです。
そこからあと2分ほど。完全に乾き、キューティクルが閉じると、髪の手触りが一気にスルンと変わる瞬間があります。それを感じられるか、よく確かめてみてください。

ちなみに、キューティクルは根本から毛先の方向に(上から下に)重なっています。そのため、ドライヤーの風の向きも、上から下に向けてあてると、綺麗に閉じて整い、ツヤが生まれやすくなります。

スルンときたら、最後の仕上げで冷風です。冷風もキューティクルをきゅっと閉じる働きをしますので、冷風機能がある場合は使ってみてくださいね。筆者はこの段階で、アウトバス・トリートメントを使っています。
全て乾ききってから、ブラッシングして完了です。

3回にわたりお伝えしてきた「正しいシャンプーの仕方」。1つでも2つでも「おっ」と思う気づきがあった方は、ぜひ次のシャンプーから実践してみてくださいね。

―オトナ女性の美髪講座―

 

<写真&文/元井里奈>

 

【元井里奈】
東栄新薬株式会社/取締役。毛髪診断士®/サプリメントアドバイザー/メノポーズ(更年期)カウンセラー。慶應義塾大学卒。髪に悩む女性のためのサプリメント「美ルート」をプロデュース。毛髪、栄養学、女性ホルモンに関する専門知識をもとに、ヘアケアコラムの監修や執筆も行う。2児を育てるワーママでもある。Instagram:@rinam.0922、Twitter:@rinamotoi、ブログ「ワーママ毛髪診断士が教える、35歳から始める育毛・美髪ケア」

 

女子SPA!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
美容室ブルースター
埼玉県さいたま市桜区田島5-22-11
048-838-7835
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2021年06月26日

アラフォー女性の白髪の悩み! 白髪を増やさないために自分でできるホームケア

アラフォーになると白髪を染めるという人も増えてきます。どれくらいの頻度で染めているのか口コミサイト「ウィメンズパーク」に寄せられたのママたちの声をもとに、白髪のケアについてヘアメイクアップアーティストの広瀬あつこさんにアドバイスいただきました。

 

アラフォー女性の白髪の悩み! 白髪を増やさないために自分でできるホームケア

 

アラフォーの白髪ケアの現実

 

■最近は3週間くらいに一度
「前は1か月に1度でしたが、最近は3週間目に入ると、つむじとおでこの生え際あたりが目立ってきたな、と気になり始めます。市販の白髪隠しなどでカバーはしているけどきれいに隠れてないことも。カラー後3週間後までに部分染にカラー専門店に行っています」

 

■月1回美容院でリタッチ
「カラーは美容院で、月1です。髪が多いので、切りたいし。チェーン店でリタッチしているので全体染めよりは安い。お金かかる割には好みの色にも出来ないし、白髪ってほんとイヤ!」

 

■1か月~1か月半くらいで部分染め
「1か月~1か月半で美容院へ行き、根本の白くなった部分を染めています。年に1、2回、全て染め直しています。コロナ陽性者が増えた時期は、家でカラートリートメントをしていましたが、やはり手間です」

 

■月2回 ヘナで自宅ケア
「月に2回位。ヘナで染めています。普通のヘナ(赤茶になるタイプ)で染めてから、1日~3日あけてインディコのヘナで染めています。きれいな色に仕上がります」

 

■月1回、美容院でカラーリング
「40~48歳まで、自宅で市販のカラー剤で白髪染めしていました。けれども髪の毛が年々痩せてきので、美容室で染めてもらうことに。高いけどやはり違いますね。私は月1で染めてもらっています。40代だからこそ、そこはケチったらみすぼらしくなります」

 

■2か月弱に一度YouTubeを見てホームカラー
「2か月弱くらいで美容室でカットし、その後ホームカラーしています。白髪が多いので、本当は1か月で染めないと根本が白くなります。YouTubeでホームカラーの方法を見て染めています」

プロがアドバイス! ファーストグレー世代の白髪ケア

仕事や育児に忙しい上、コロナ禍の影響で頻繁に美容院に通えないという人も多いようです。ここではヘアメイクアップアーティストの広瀬あつこさんに、白髪のホームケアとカラーを長持ちさせるコツを伺いました。

「私事ですが、髪をかきあげるたびに、白髪が急に2、3本ずつ増えてきて、『急に生え出した!』と落ち込んでいた時に取り入れたのが、頭皮マッサージです。
特に頭頂部はマッサージをすることがなく、頭皮がかなり突っ張ってカチカチでした。1日に数回頭皮マッサージをするようになると、頭皮が柔らかくなり、気になっていた白髪生成の速度が落ち着きました。

白髪が出始めたばかりのメラニンが残っているファーストグレイ世代であれば、メラニンを活性化させ、更に抗酸化作用がある製品を使うという方法も。ネイチャーラボからブラックリバース処方が研究発表されています。最近白髪が生え始めたという方にオススメです。そのほか、メラニンを補う成分や抗酸化力が高い成分これらが入っているエイジングケア製品や、シャンプー、トリートメント クリームシャンプーなどもあるので、試してみるのもいいですね。

白髪を増やさないために注意したいのが紫外線を浴びすぎること、睡眠不足、無理なダイエット、過度のストレスです。これらは、活性酸素を増やしたり、毛根の細胞にダメージを与えたりして、修復しにくくさせてしまいます。
40代、50代は、まだ、グレイヘアにするのは早いと思います。以前に比べると黒髪に戻れるかもしれないコスメやサプリ、美容機器、そして、情報が沢山あるので、白髪は積極的にケアしてみるのもいいと思います。伊熊奈美さん『いい白髪ケア、やばい白髪ケア~頭皮がしみる、かゆいは危険信号!』(小学館)という参考になる書籍があるので、興味のある方は読んでみてはいかがでしょう」(広瀬あつこさん)

 

カラートリートメントの上手な染め方のコツ

 

Point1
乾いている髪にたっぷりのカラートリートメントをのせる
髪を2~3cmくらい分けなから刷毛で塗ります。より時間をおいた方がよく染まるので分け目から塗り始めましょう。クッキングペーパーなどがあったら、それを小さな短冊形にカットし、短くツンツンしているフェースラインなどの毛にはりつけると、キレイに染まります。

 

Point2
カラートリートメントを塗り終わったら、しっかり染まるように温める
ラップを巻く、もしくはキャップをします。サロンではヒーターで暖めますが、自宅では、タオルを巻くなどして暖めのでOK。さらにしっかり染まります。美容院で髪を染める過程とほぼ同じなのですが、トリートメントで染めるので、頭皮や髪への負担は比較的少ないです。

 

Point3
カラー剤は地肌に塗らないように注意!
化学薬品が多いカラー剤を頻繁に地肌に塗ってしまうのもNG。頭皮が乾燥してしまうと頭皮のバリア機能が弱くなります。バリア機能が弱くなるとアレルギーを起こしたり、本来の毛髪のサイクルがくるったりする原因になるので注意して。

 

白髪を増やさない! 美しく髪を保つためのホームケアのポイント

 

Point1
カラー後の色もちをよくするには、シャンプーの頻度は少なめに。
ヘアカラーをした後は、せっかく染めた色が流れやすいので、染めた当日、翌日くらいはシャンプーやトリートメントもしないのが◎。シャンプーは毎日ではなく、2日に一回したり、もしくはお湯シャンにしたりするだけでもOK。髪のパサつきが気になる場合は、アウトバストリートメントを使ってケア。

 

Point2
髪を傷めないことも大事
シャンプー後は、自然乾燥や長い時間、髪を濡れたままにしておくのはNG。髪を乾かす時はしっかりタオルドライをし、ドライヤーの熱から髪を守るトリートメントをつけるなど長い時間、髪を高熱にさらさないように注意。

 

Point3
血液の循環を良くしてからマッサージを
頭皮マッサージをする前の準備段階として背中や肩の凝りがあると頭皮に充分な血液がまわりません。マッサージ前は肩甲骨をまわしたり、首のストレッチをしたりして循環をよくするのも大事。入浴中や入浴後はさらに◎!

 

Point4
ブラッシングでもマッサージ効果あり
ブラッシングをするとマッサージ効果に加え、頭皮の汚れをうかせて、毛穴の汚れもとれやすくするのでオススメ。毛穴に皮脂などがつまったままだと、抜毛や細毛の原因にもなるだけでなく、白髪などの育毛材などが入りにくくなるのでつまらせないことも重要。

 

Point5
バランスよく栄養を摂ることは髪にとっても重要
マッサージは、頭皮を揉みほぐすと同時に、毛細血管の働きをよくして、身体の先端に栄養を運んでもらうのも目的です。栄養不足にならないようにビタミンCやタンパク、ミネラルなどバランスよく一緒に摂るように心がけて。

 

染め続けるのもストレスですが染めないのもストレスになるという厄介なのが白髪問題です。アラフォーの白髪が生え始める世代は、マッサージとブラッシングで増える速度を緩やかにすることが大事ですね。(文・酒井範子)

 

広瀬あつこさん
ヘア・メイクアップアーティスト。誰でも簡単にきれいになれるメイク&美容テクニックを教えてくれると、女性誌などで人気。女優から人気モデル、美容家までヘアメイクの指名も多い。著書に『スマイルメイク -5歳で引き寄せ力アップ!』(世界文化社)がある。2児のママ。

 

■文中のコメントは『ウィメンズパーク』の投稿を再編集したものです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
美容室ブルースター
埼玉県さいたま市桜区田島5-22-11
048-838-7835
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2021年06月25日

白髪はなぜ増える?増やさないためにできることは?白髪染めについても甲斐悦

おすすめのヘアカラー&ヘアトリートメント法

 

気になる白髪は、白髪染めでしっかりケアしましょう。この記事では、歳を取ると白髪が増える理由や白髪染めの選び方、おすすめの色・頻度など、白髪染めの基礎知識をご紹介します。また、正しい白髪染めの方法や染めた後のヘアケア方法もチェックしています。

 

ハルメクWEB

 

なぜ歳を取ると白髪が増えるの?

 

ハルメクWEB

 

年を取ると、髪にちらほら白髪が出てきます。そのまま放っておくと、周りに老けた印象を持たれてしまうことも……。白髪をカバーするには、白髪染めを使ってしっかりとケアするのがおすすめです。ここではまず、加齢とともに白髪が増える理由や、白髪染めに関する基礎知識を解説していきます。

髪の毛が黒いのは、髪の根元にある色素細胞「メラノサイト」が作り出す色素「メラニン」が素になっているから。完全なメカニズムはいまだに解明されていないのですが、遺伝や加齢、外的ストレスなどで、色素細胞「メラノサイト」の機能が低下すると「メラニン色素」が十分に作られなくなります。メラニン色素は作られないと、着色されないままの髪である「白髪」が生えてくるといわれています。

白髪を増やさないようご自身でできるケアとして、バランスのよい食事やしっかりとした睡眠を取るなど、生活習慣を見直しましょう。ストレスがかかり血流が悪くなることで頭皮が凝ってしまい、白髪になりやすい頭皮環境になってしまいます。シャンプーをしながらマッサージをしたり育毛剤を使ったりして、頭皮をほぐすことをおすすめします。定期的に美容室でヘッドスパを受けるのもいいでしょう。

 

白髪染めの種類と、選ぶときのメリット・デメリット

 

ハルメクWEB

 

白髪染めには大きく分けて「ヘアカラー」「ヘアマニキュア」「ヘアカラートリートメント」「ヘナ」の4つの種類があります。それぞれの特徴を知った上で、ご自身の白髪の量や髪質、髪のダメージの度合いに合ったものを選ぶようにしてください。

 

■ヘアカラー
ヘアカラーは、白髪染めの中でも最も一般的なヘアカラー剤です。ファッション目的で髪を染める「ファッションカラー」よりも、白髪を染めるためのヘアカラーである「グレイカラー」はブラウンの色素が強く、白髪にしっかりと色が入ります。

カラーバリエーションが豊富で、染毛力が強く短時間で染まり、2~3か月色持ちするのがメリットですが、髪や頭皮へのダメージが大きいのが難点といえます。成分の「ジアミン」によって、アレルギー反応が起きることもあります。

自宅で染めるときは、白髪の根元をしっかりと染めるために、地肌から塗るのが一般的です。市販品を使用する場合は、必ずパッチテストを行ってから使用してください。

 

■ヘアマニキュア
ヘアマニキュアは、髪が傷んでいる方に適したヘアカラー剤です。白髪の表面をコーティングして色をつけるタイプなので、ダメージが少ない上に、ツヤとハリが出るのがメリットといえます。ヘアマニキュアには脱色する力がないので、地毛の黒髪は明るくならず、メラニン色素が抜けている髪のみ色が付きます。そのため数本だけ生えている白髪が気になり始めたという、白髪染めの入口に向いています。また、紫外線から髪を守ってくれます。

髪の傷みが気になる方、肌が弱い方、ジアミンの入ったヘアカラー白髪染めが使えない方におすすめです。

ただし地肌につくと着色してしまうことや、洗うたびに少しずつ色が落ちていくという欠点もあります。また市販のヘアマニキュアのカラーバリエーションは、白髪染めのヘアカラーに比べると少なく、ライトブラウン、ダークブラウン、ブラウンのものが多く、美容室では色味も豊富なのでそれぞれを混ぜて色を調整します。

染めるときは、地肌に付かないよう根元ぎりぎりから染める必要があるため、しっかり根元から染めるためには技術が必要です。自宅でもヘアマニキュアで染めることはできますが、美容室で施術してもらった方が無難でしょう。ヘアマニキュアが頭皮に付いてしまった場合は、専用の薬剤で色を落とす必要があります。また、地肌から2~3mmの部分は染められないため、3週間程度のサイクルで染める必要があります。

 

■ヘアカラートリートメント
使うごとに髪が染まるのが、ヘアカラートリートメントです。シャンプー後のトリートメントとして使用し、使うたびに少しずつ白髪が染まるので、髪に負担が少なく自然な仕上がりになります。シャンプーをするごとに色落ちしてしまうのがネックです。

白髪を染めて、また白髪染めまでの周期が長く3~4か月空く場合や、次回美容室に行くまで伸びてきた白髪を隠したい場合、髪全体に白髪がある方がほんのり色を入れたいという場合に、カラートリートメントを使うのがおすすめです。

また、毛先の退色防止にも有効です。毛先には傷んだ履歴が残っているため、ヘアカラーで白髪染めをしても退色しやすく、白っ茶けた色になりやすいです。ヘアカラートリートメントなら色味が少し入る上にケアすることもできます。

色持ちしないため、美容室でカラートリートメントによる施術が行われることはほぼないといえるでしょう。

 

■ヘナカラー
ヘナカラーは植物由来の白髪染めです。髪や地肌へのトリートメント作用があることがメリットです。一方、カラーバリエーションが少ないこと、染めるのに時間がかかること、独特のにおいがあることが、デメリットといえるでしょう。また原料が天然植物なので、染まり具合が(毎回)一定にならない場合があります。

髪のボリュームが減って、ハリとこしを出したいという人にはおすすめです。天然の植物から作られている染料なので、自然派志向の方に愛用されており根強い人気があります。

ヘナは、白髪の中に色を入れて染めるため色持ちもいいです。天然のナチュラルヘナの場合、明るいオレンジ色の発色になります。商品によっては、ブラウン系の色味でしっかり白髪を染めるために、ヘアカラーの白髪染めに使われる染料が入っている場合があります。ヘアカラーの白髪染めだとアレルギーが出るからヘナで染めたいという方は、使用するヘナカラーが、100%天然の商品かどうか確認してください。また、植物にアレルギーがある方もいるので、使用前にパッチテストが必要です。

 

■ヘアマスカラ
また、白髪染め後、伸びてきた根元の白髪を部分的に隠すためなら、「ヘアマスカラ」を使うという手もあります。

「ヘアマスカラ」とは、髪の分け目、生え際などの部分的な白髪に塗って白髪を隠すアイテムです。まつ毛に塗るマスカラと同様の感覚で使えますから、お出掛け前などに便利。ただし、一時的に白髪を隠すためのものなので、髪を洗うと色が落ちてしまいます。使用していると髪の毛が徐々に染まる商品もありますが、髪全体の白髪染めには適していません。

 

白髪染めにおすすめの色・カラーは?

 

写真提供=えがお美容室

 

ヘアカラー剤の色によって、髪のみならず全体の印象が変わりますので、色選びも大変重要です。

日本人の黒髪はメラニン色素が多いため、白髪染めが退色していくと赤みが残った色になりやすく、その赤みを抑えるためには、「アッシュカラー」がいいといわれることが多いです。アッシュカラーは、グレイ調の色がくすんだ感じの色味で、透け感や透明感があり、若い人にも人気が高いおしゃれなカラーです。

しかし、この「アッシュカラー」は、50代以降の女性にはあまりおすすめしません。年を重ねると黄ぐすんだ肌色になっていくので、髪をアッシュカラーに染めると、肌が一層くすんで見えてしまうため。50代以降は、肌なじみがよく若々しく見える、ベージュブラウン、栗色がおすすめです。

肌色によって色を調整してもよいでしょう。ブルーベースの肌の方なら、アッシュ系のカラーでも問題ありません。肌が、地黒で黄みが強い方は、赤みよりのウォームブラウンを選ぶのもおすすめです。

また、髪の質によっても色選びのポイントがあります。髪が細く、柔らかいタイプの方は染まりやすいため、しっかり染めた感じにしたくない場合は、ワントーン明るめのものを選ぶのがおすすめです。ダークな色みだと、イメージしているよりもさらに暗めに仕上がります。

反対に髪が太く硬いタイプの方は、ヘアカラー剤が入りにくく、染まりにくいという特徴があるため、希望する色よりワントーン暗めのものを選ぶといいですね。また髪が太い人は赤い色素が多いので、明るくなりづらいです。明るくしたい場合は、色味よりもワントーン明るく、黄色みが強いカラーを選ぶといいでしょう。

染毛力が強いホームカラーで一度染めてしまうと色が抜けづらく、カラーチェンジしたいときなどに上から色を重ねても、色が変わらない場合があります。美容室染めをする前に、ホームカラーを使っていた場合は、そのことを担当美容師にお伝えいただくと希望の色に変更しやすいです。今後さまざまなヘアカラーに挑戦したいという方は、自宅染めの染料は明るめの色を選んでいただいた方がよいでしょう。

 

白髪染めはどれくらいの頻度でするべき?

 

ハルメクWEB

 

美容室で「ヘアカラー」を使って染める場合は白髪染めの頻度は2か月ごとがおすすめです。市販品のヘアカラーだと、ダメージが大きい分退色が早く、1か月程度で染め直しが必要になります。

根元を染めたい場合は、1か月~1か月半。髪の毛が伸びるのは1日で約0.3~0.4mm、1か月もすると約1~1.5cmも伸びることになります。白髪の根元が3cm程度の長さになると、当然その部分は目立ってしまいます。

また、あまり頻繁に白髪を染めると、髪を傷める原因となるので注意が必要です。白髪染めの頻度を2か月間程度空けた方がいいのは、髪の傷みを防ぐためでもあります。さらに、白髪染めを継続していくなら、「ヘアカラートリートメント」を併用したり、白髪が生えた根元だけに色をつける「ヘアマスカラ」によるリタッチもおすすめです。

 

自宅で行う白髪染めと美容室で行う白髪染めの違いは?

 

ハルメクWEB

 

セルフで自宅で行う白髪染めと、美容室で行なう白髪染めの違いには4つあると考えられます。

 

1 ヘアカラー剤の原料・成分の違い
1つ目は、ヘアカラー剤の原料・成分の違いです。市販のヘアカラー剤の場合は、どんな髪質の人でも同じようにしっかり色が入るよう調整されています。そのため、作用が強く髪が傷みやすいです。また傷みの原因となるアルカリ剤が髪や頭皮に残りやすくよりダメージしやすくなります。しかし美容室のヘアカラー剤は、市販商品では使用できないアルカリ剤を揮発させる成分が配合されておりダメージしにくくなっています。

また美容室のカラー剤は、染めながら補修する成分を使用する場合が多いです。髪質に合わせてトリートメント成分がカラー剤の中に配合されているので、ダメージを避けながら染めることができます。

 

2 徹底的な頭皮ケア
美容室であれば、アレルゲンであるジアミンから、頭皮を保護する「保護スプレー(※美容室専門商品)」を使用して、地肌に影響が出ないようにすることもできます。また、ジアミンを取り除くトリートメントもあります。炭酸のクレンジングスパであれば、頭皮に残留しているアルカリ剤を取り除くことができ、カラーも長持ちします。

 

3 技術
3つ目は、技術の違いです。家庭で行うときには自分で染めなければならず、ムラになることもあります。しかし美容室なら、プロが白髪を染めてくれるので、きれいに仕上がって色も長持ちします。また、頭皮の状態によって塗り方を変える事も出来るので安心です。他にも、髪質に合った色味を提案してもらえたり、ヘアカラー剤の調整、髪の健康を考えたヘアケアのアドバイスを受けることもできます。
4 金額
4つ目は、金額の違いです。セルフで行う場合は、白髪染めを購入する代金のみですみますが、美容室だとそれなりにお金がかかります。白髪染めは、自宅でも美容室でも、それぞれにメリット・デメリットがあることを知っておきましょう。

 

美容師が教える!正しい白髪染めの方法

 

ハルメクWEB

 

白髪染めの正しい方法をご存じですか? ここでは、プロも行っているという、セルフで白髪染めをする正しい手順をご紹介します。

 

手順1:準備
白髪染めを始める前に準備を行いましょう。
パッチテストを行う
パッチテストは使用する白髪染めのパッケージや説明書をよく読んで、それに従って行うようにしましょう。

道具の準備
白髪染め、クリームやワセリン、タオル、櫛(コーム)、ラップなどを事前に準備しておくと便利です。また、汚れてもいい服に着替えておきましょう。

白髪染めを塗る前の準備
生え際付近の皮膚や耳のまわりなどにクリームやワセリンを塗っておくと、肌が染まる心配がありません。
手順2:白髪染めスタート! まずは生え際や白髪が目立つところから
準備が整ったら、いよいよ白髪染めをスタートしましょう。まずは生え際やわけ目など、白髪が目立つところからヘアカラー剤を塗っていきます。根元を塗るときは、ヘアブラシを寝かせるとヘアカラー剤をしっかり塗布することができます。
手順3:毛束を取って白髪染めを塗る
次に、毛束を少量ずつ取って塗っていきます。このとき、右側の次は左側、つむじの次は襟足など、さまざまな方面から毛束を取っていくと、ヘアカラー剤を塗る時間差で生じるムラを目立たせることなく白髪を染めることができます。
手順4:白髪染めをしにくいところは髪を持ち上げる
耳の後ろや襟足、後頭部などの染めにくい部分は、髪の毛をしっかり持ち上げてヘアカラー剤を塗るようにしてください。可能であれば、合わせ鏡にした鏡を見ながら塗るといいでしょう。
手順5:頭にラップを巻く
美容室でカラーリングをしてもらうときに、頭にラップを巻かれることはありませんか。それは、ヘアカラー剤の乾燥を防ぐためです。ヘアカラー剤が乾燥してしまうと、白髪をきれいに染めることが難しくなってしまいます。ラップを使うのは、セルフで白髪染めをするときにも有効ですので、頭にぐるりと巻きましょう。また、ラップを巻くことで、短い白髪が押さえられてヘアカラー剤が髪全体に行き渡るようになるため、白髪をムラなく染めることができます。
手順6:温度に注意して洗い流す
ヘアカラー剤を塗ったまま指定の時間置いた後は、お湯でヘアカラー剤をしっかり洗い流します。このとき気を付けたいのが、お湯の温度です。お湯の温度が高すぎると色が流れ落ちやすくなってしまうので、ぬるま湯で行ってください。

 

白髪染め後も大事! おすすめのヘアケア方法

 

ハルメクWEB

 
白髪染めの後は、適切なヘアケアを行うことでダメージを受けた髪が補修され、色も長持ちし、きれいな髪を保つことができます。ここでは、白髪染めの後に行うシャンプー、トリートメント、ドライヤー・乾かし方を教えます。
■白髪染め後のシャンプーの選び方
髪の補修が十分に行われないシャンプー剤を使うと、白髪染めの色落ちも早くなってしまいます。そこでおすすめなのが、アミノ酸系のシャンプーです。髪の成分と同じアミノ酸を主成分としたシャンプーは、汚れはしっかり落としますが油を落としすぎず、保湿力も高いです。また肌にも髪にも優しいです。

また「ヘマチン」という成分が入っているシャンプーも、おすすめです。残留しているヘアカラーのアルカリ剤を落とすことができます。また、紫外線をブロックして色持ちしやすくなります。

合成界面活性剤が入っているシャンプーは、油を落とす力が強いため、白髪染めをした髪を退色させる上に、髪がきしみやすくなります。皮脂がたくさん出る若い方は使った方がいいのですが、50代以降の女性には必要ありません。

一時期話題になった、シリコン入りのシャンプーは人体に影響はありません。むしろ、櫛通りが悪かったりツヤがない人にはおすすめです。しかし、シャンプーによっては髪にシリコン剤が残りやすい場合があり、シリコン剤が邪魔してパーマがかかりづらかったり、染まりにくくなったりすることがあります。
■白髪染め後はアウトバストリートメントが必要
白髪染めの色を長持ちさせるには、髪のダメージは大敵です。髪にダメージを与える、乾燥状態になることを避けるようにしましょう。そのために注意したいのが、「紫外線」「ドライヤーの熱」です。

これらから髪を守るには、洗い流さないトリートメントとも呼ばれるアウトバストリートメントを活用するのも一案です。お風呂の中で使うトリートメントは、主に髪を補修する成分が配合されていますが、洗い流さないトリートメントの多くは、外的要因から髪を守る成分が含まれています。ドライヤーの熱や紫外線をカットして乾燥から髪を保護してくれる上に、髪にうるおいやツヤを与えたり、手触りをよくしてくれる作用も期待できます。
■白髪染め後のドライヤー・乾かし方の注意点
濡れたままの髪は傷みやすいということをご存じでしょうか。髪は濡れると膨張してキューティクルが開いた状態になります。そのままタオルドライをして自然乾燥すると、髪の毛のキューティクルが開いたまま乾いてしまいます。またキューティクルが開いたままだと、髪の水分が抜け出て乾燥しやすい上に、摩擦が起きやすくキューティクルがはがれる原因になります。

髪を乾かすときに使うドライヤーの熱も髪を傷める原因の一つではありますが、濡れた髪を放置するよりドライヤーで手早くヘアドライしましょう。ドライヤーで髪を乾かすときには、温風で地肌や根元をしっかりと乾かしてから、次に全体を乾かすようにします。髪全体がしっかりと乾いたら、冷風に切り替え、形をつけます。そうすると、開いたキューティクルが閉じ、髪の乾燥やダメージを最小限に防ぐことができる上に、つるっとした仕上がりになりますよ。

最新のドライヤーには、さまざま髪を傷ませずに乾かす技術が搭載されています。ドライヤーの買い替えも一つの手です。

白髪染めをやめてグレイヘアに移行する方法も!

 

写真提供=えがお美容室

 

ぱっと見た白髪の割合が5割以上になっている方は、グレイヘアへの移行を検討するのも一つの手です。黒髪の割合が多いと、白髪が悪目立ちしがちですが、5割以上あれば、なじみやすく美しく見えます。また顔回りだけ一部メッシュになっている方も、おしゃれなデザインのように仕上げることができます。

今は、グレイヘアに移行するためのカラー技術に長けた美容室も増えています。移行期で気になる白髪と黒髪の境目をぼかすように、毛先側の黒い色を明るくして調整するといったこともできます。

白髪染めを続けていると、ご自身のグレイヘアが今どのくらいの量なのかはわからないものなので、美容師に相談するといいでしょう。

一回グレイヘアにしても、またいつでも白髪は染められますから、軽い気持ちで挑戦してみてはいかが?

 

■教えてくれた人

 

向井みえさん
むかい・みえ スタイリスト/ヘアメイク えがお美容室所属。「シニア女性本来の美しさを導き出す」をコンセプトに、サロンワーク内の施術にとどまらず、自宅でのケアも考え「自宅でのヘアスタイリング方法や似合わせメイク」など、シニア世代の困ったを解決することに定評がある。また、ヘアメイクアップアーティストとしても活躍中。

 

<えがお美容室>
2018年1月に東京・巣鴨に開業。シニア世代専門という新しい美容ジャンルでテレビや雑誌などで人気となり、大人の髪の悩みを解消しトータルビューティーを提案している今話題の美容室。https://egao-salon.jp/

ハルメクWEB編集部

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
美容室ブルースター
埼玉県さいたま市桜区田島5-22-11
048-838-7835
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ページの先頭に戻る▲
お問い合わせはコチラ>>
COPYRIGHT(C) 美容室ブルースター ALL RIGHTS RESERVED.